青学-渋谷2丁目エリアの片隅にある「みきじろう整体」の日常を徒然なるままに...
by raimiki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々のあれこれ
今日のみきじろう整体 
カラダのこと
食うことが一番好き
楽しんで仕事してます。
テコンドー
映画

どうでもいいお話でも...
奥方様の独り言
トレーニング
格言
お客様からのお声
シェアしたい!
子育てやってます。
毎日機嫌よく生きたいのです
人様のお体に無理なく心地よい変化を起こす整体を目指し、日々ココロとカラダのことをあれこれ妄想しておりまする。

渋谷ヒカリエから徒歩5分 
「みきじろう整体」
03-6805-1079
【みきじろう整体】
懐かしのNHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
検索
お気に入りブログ
旅とパンのスロウな日々
柴犬としばちゃん
南青山 清水湯をよろしく♪
PARIS, TEXAS...
野波 浩 オフィシャルブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:映画( 7 )

色即ぜねれいしょん

久々におもろい青春映画。 『色即ぜねれいしょん』(公式サイト) DVDで鑑賞。

色即ぜねれいしょん [DVD]

高1男子のモヤモヤ、ムラムラ、ドキドキしたどうしようもない感情を上手く描いた映画。

深夜に爆笑したり、にた~っとしながら観ました。

主役の新人(渡辺大知君)が最高です。素で演じてます。素朴でドン臭くて熱くて...

でも彼、ロックンローラーなんです。意外やけどめちゃめちゃアッツイロックンロールやってます。
黒猫チェルシーていうバンドで活躍中とな。映画の中のあかんたれの彼からは想像できませんでした。かっちょいいです。

さて、おかん役の堀ちえみがやけに可愛くてちょっとドキッとしました(蛇足)。


同様な感じで『青春デンデケデケデケ』も最高です。

青春デンデケデケデケ デラックス版 [DVD]

詳しくは語りません。苦手なので。好きなように感じて楽しむのが映画だと思います。
[PR]
by raimiki | 2010-11-01 15:23 | 映画

アバター

いまさらですが、映画『アバター』を奥方様とご一緒に鑑賞してまいりました。

お客様からも劇場で鑑賞すべし!と強く勧められていました。たまたま奥方様も休みで私も休みと言いますか、キャンセルのため休みになってしまったので(沈)、この機会を逃してはもう観ることはないと思いました。


さて映画は3時間の長丁場、3D用のメガネ着用という過酷な鑑賞条件にもかかわらず、どっぷりと『アバター』ワールドに浸からせていただきました。


劇場で鑑賞すべし!と私も誰かにお勧めせねばです。面白かった!


途中で気づいたのですが、宮崎駿監督の『ナウシカ』・『ラピュタ』・『トトロ』・『もののけ姫』のエッセンスが混在した内容になっていたような気がしました。まぁ、観れば分ると思います。


しかし、メガネの人はさらに3Dメガネをかぶせて着用すると、その重さで鼻の骨がイタイタになります。ご注意を。

ひさびさブログでした。
[PR]
by raimiki | 2010-03-12 11:45 | 映画

THIS IS IT

先日、午前のパーソナルトレーニングを終え、有楽町でマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』を観て参りました。

仕事の合間を使っての平日映画鑑賞。この背徳感がたまりません...。

それはさておき、周囲のみんながMJ(言わずもがなマイケル・ジャクソン)の映画が素晴らしいと絶賛していたので是非とも観ねばなるまいと思っておりました。

上映30分前に行ったのに長蛇の列。手前で「ハイここまで!残念!」となるかドキドキしましたがギリで入場できました。しかし前から3列目の端から3つ目の席。左斜め45度上斜め45度を見上げての過酷極まりない鑑賞体勢。上映後数分で首がフリーズ...。

しかし!

首を犠牲にしてでも観て大正解でした。MJ最高!

特別MJの大ファンというわけではなかったけれども、これほど心を強く揺さぶられたのは久々。ところどころ半泣きになりそうでした。

50歳とは思えぬダンスパフォーマンス、歌声、そして一番感動した仕事に対する真摯な姿勢。おそらくこの映画を観た人はみなそこに感動したのではと思います。

ものすごく謙虚。ものすごく真剣。ものすごくやさしい。

MJと共演するダンサーやミュージシャン、音響、照明、みんながMJに心酔していて、リハーサルなのに本番さながらでまさに『心が一つ』になっていました。ステージという大仕事を皆で一心に取り組むさまは、本当に感動せずにいられません。

途中円陣を組んで、MJが挨拶をするシーン。『僕らはファミリーなんだ。』という部分は泣けました。

最高の仕事は皆が心一つになって全力を出し切れることなんだと思いました。そして皆の全力を出させることができるMJの底知れぬパワーというか才能に感服しましたね。

この映画はMJの『死』をまったく感じさせなかったのが素晴らしいです。見終わった後、本当にロンドン公演がこれから始まるのだと錯覚するぐらい...。

仕事をする全ての人に観てほしい一押し映画です。
e0052525_19111981.jpg



映画の後、パーソナルトレーナーとしていつも相談に乗っていただいているメンターの方(I氏)に会いに行きました。彼には本当に一からこの仕事のイロハを教えていただきました。彼の助言なくして今の自分はありえないと断言できます。これからの進むべき方向や、現状分析、もちろんビジネス以外の大事なことも沢山アドバイスをいただいて、お会いした後はいつも一皮向けたような感じで元気がでるから不思議です。そしてアドバイス通り行動すると本当にいい方向に自分が成長していっているのが分るのです。

I氏の話はとてもシンプルです。一瞬、『それだけ?』と思うかもしれませんがとても奥が深いです。その辺の安っぽい成功の法則や自分のブランディングがどうたらこうたらと調子に乗っている若造のセミナーでの内容とはまるで違います。スルメのように後からジワジワと味が出てきて、言っていたことがようやく分る感じですかね。

今回も大切なことを学ばせてくれました。まさに今そこに問題を抱えているのに何で分ったの?と言わんばかりにドンピシャのタイミングでそのことを話されたので度肝を抜かされました。顔に書いてあったのかな...。

I氏もMJの映画をもちろん観てましたね。絶賛してました。同じものを観て同じように感動できたことが嬉しかったです。

そんなわけで、いいものを観て、いい人に会い、いい話を聞けた良き一日でしたというお話。
[PR]
by raimiki | 2009-11-28 18:46 | 映画

ONCE ダブリンの街角で

よい映画は心をホカホカにさせてくれます。

おもわずギターを弾きました。ボロロ~ン

ONCE ダブリンの街角で デラックス版

[PR]
by raimiki | 2008-05-25 22:39 | 映画

早く観たい

日本橋三越で『Always 三丁目の夕日 展示会』があったので、仕事の合間の時間を使って見に行った。

撮影で使われていた広間のセットや、ダイハツミゼット、町内ミニチュア模型などなど色々展示されて面白かった。特にCG撮影の手法は興味深く、なるほどこうやって撮っていたのだとしきりに感心。

実は続編はまだ見ていない。もうそろそろ上映終了の気配。急がねば...。しかし奥方様はあまり乗り気ではなさそう...。弱った...。困った...。

展示場出口でたくさんの三丁目グッズが販売されていた。思わず、2点の品を握りしめてレジへ。

グッズを買ったのは久しぶりだ。

e0052525_10305437.jpg

これを見たら欲しくなるでしょ?
[PR]
by raimiki | 2007-12-02 10:31 | 映画

映画 『厨房で逢いましょう』

今年最高の映画を観た。

ドイツ映画 『厨房で逢いましょう』

タイトルを聞いただけで観たくなった。そして観にいった。

期待を裏切らず素晴らしい作品だった。

詳しくは語らない。観ていただきたい映画。是非!

e0052525_11353918.jpg

この写真だけで色々と想像を掻き立てられる...。この太っちょシェフの演技力はブラボー!

夕方にこの映画を観て、それからお食事...。当然の流れ...。(予算の都合でつばめグリルですが)

料理人はいいな。
[PR]
by raimiki | 2007-09-04 11:43 | 映画

幸せ映画

おもいがけずいい映画に出会うと、一週間ぐらいは幸せな気分で過ごせます。
今回心に響いたのはフランス映画『コーラス』。問題児を抱える学校に赴任してきた落ちこぼれ音楽家の中年教師が合唱を子供達に教えることで心を掴んでいくというお話。似たような映画ではウーピーゴールドバーグの『天使のラブソング』でしょうか。
とにかく私はジ~ンときました。意外と合唱を聴くのは好きだったりします。美しい歌声、ストーリーにどっぷり浸ることができて幸せです。
たまに味わう小さな幸せな時間もいいもんですね。

e0052525_0211543.jpg

[PR]
by raimiki | 2006-07-06 20:59 | 映画