青学-渋谷2丁目エリアの片隅にある「みきじろう整体」の日常を徒然なるままに...
by raimiki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
日々のあれこれ
今日のみきじろう整体 
カラダのこと
食うことが一番好き
楽しんで仕事してます。
テコンドー
映画

どうでもいいお話でも...
奥方様の独り言
トレーニング
格言
お客様からのお声
シェアしたい!
子育てやってます。
毎日機嫌よく生きたいのです
人様のお体に無理なく心地よい変化を起こす整体を目指し、日々ココロとカラダのことをあれこれ妄想しておりまする。

渋谷ヒカリエから徒歩5分 
「みきじろう整体」
03-6805-1079
【みきじろう整体】
懐かしのNHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
検索
フォロー中のブログ
旅とパンのスロウな日々
柴犬としばちゃん
南青山 清水湯をよろしく♪
PARIS, TEXAS...
野波 浩 オフィシャルブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


しみじみ人情漫画

e0052525_11451038.jpg


『営業時間は深夜0時から朝7時頃まで。
メニューは豚汁定食にビール、酒、焼酎...それだけ。
あとは勝手に注文してくれりゃあ、できるもんなら作るよ』

この帯の文章を読んだだけで、架空の食堂とはいえ深夜に行って見たくなります。

これは漫画でして、何気なくある雑誌の書評欄を眺めていたらふと『深夜食堂』の記事に目が止まりました。こういう時というのは、もうすぐに買ってみた方がいいと経験上分っているので、早速アマゾンにて購入。

案の定というか、直感というか、ビビビっときたものにはハズレなし!が証明されました。しみじみと味わい深い漫画でした。

わけありの人々が深夜にその食堂を訪れおのおのが自分の舌の記憶に馴染みのある料理を注文する。それに店の主が作れるものなら作ってくれる。ただそのやりとりが淡々と続く中での人間模様が描かれています。

赤いたこ足ウィンナーを注文するヤクザや、猫マンマが大好物な売れない演歌歌手、焼き海苔だけでご飯三杯平らげる親父などなど登場人物も皆人生にわけありな人々ばかり。そんな人達と同じ食堂で飯を食らってみたいと思いましたね。

僕だったら何を注文するかなぁ。

具は鶏肉と玉葱だけのチキンライスかな。小さい頃の大好物だった記憶があります。

皆さんは何を注文しますか?記憶に残る味って何ですかね?

今夏に第2巻が発売予定。購入確定。

『深夜食堂』 安倍 夜郎 小学館(ビックコミックオリジナルで連載中)
[PR]
by raimiki | 2008-04-02 12:05 |
<< 中目黒の夜 エコ葱タレ >>