青学-渋谷2丁目エリアの片隅にある「みきじろう整体」の日常を徒然なるままに...
by raimiki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々のあれこれ
今日のみきじろう整体 
カラダのこと
食うことが一番好き
楽しんで仕事してます。
テコンドー
映画

どうでもいいお話でも...
奥方様の独り言
トレーニング
格言
お客様からのお声
シェアしたい!
子育てやってます。
毎日機嫌よく生きたいのです
人様のお体に無理なく心地よい変化を起こす整体を目指し、日々ココロとカラダのことをあれこれ妄想しておりまする。

渋谷ヒカリエから徒歩5分 
「みきじろう整体」
03-6805-1079
【みきじろう整体】
懐かしのNHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
以前の記事
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
検索
フォロー中のブログ
旅とパンのスロウな日々
柴犬としばちゃん
南青山 清水湯をよろしく♪
PARIS, TEXAS...
野波 浩 オフィシャルブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ぶりアラ大根

何事にも影響を受けやすい男であると前々から申し上げている通り、またもや食いものに影響されたお話。

元はといえばこの本が原因。

12皿の特別料理 (角川文庫)

身近でお馴染みの『おかず』をテーマにした短編小説集。

その中で『ぶり大根』のお話が出てきます。正確に言うと『ぶりアラ大根』。

あらまし:新婚2ヶ月目、ピンクがかった雰囲気をまとった若夫婦。料理が苦手だけど大好きなダーリンのために健気に料理をがんばる若妻と何の文句も言わず彼女の料理を食べる夫。
さて、とある休日、夫が料理の腕を妻に初披露することになります。夫が料理するなんて想像だにしていなかった妻。しかしながら、夫はいざ買い物の段階からしてプロの仕事。目利きが只者ではない。作る内容もぶりのアラを使ったぶり大根とは恐れ入ります。その手際の良さといい、味付けといい完璧すぎ。
夫の知られざる才能を垣間見ることができて感動すると同時に自己嫌悪に陥る妻...。


話そのものは単純ですが、その描写が秀逸です。さすが清水義範!(いよ!)

物語を読ませつつ、ぶり大根のレシピにもなっているという仕掛け。参りましたです。


てなわけで、本日『ぶりアラ大根』を作りました。人生初です。

e0052525_22364561.jpg


ぶりの下ごしらえやら、大根の茹で方やら、キチンとやりましたぜ。段取りどおりに。

我ながら天才かと思うほど、美味い『ぶりアラ大根』です。

奥方様も絶賛です。惚れ直したそうです。(希望的観測)

次は『きんぴらごぼう』の江戸風に挑戦します。
[PR]
by raimiki | 2010-12-04 22:41 | 食うことが一番好き
<< 感じすぎて困ってしまいます... 世代交代 >>